赤ちゃんをだっこする効果

泣くことが仕事の赤ちゃんですが、だっこをすることによって泣く時間を減らすことができます。


母親がだっこして歩くことで泣く時間が10分の1になり、心拍数も低下することが分かっています。
これは、母親が赤ちゃんを抱き上げることで敵から素早く逃げることができるようになり、子供自身が母親の子育てに協力しているためと考えられています。

しかし、赤ちゃんをだっこすることはほかにもさまざまなメリットがあるとされています。


だっこをすることによってスキンシップをとることができ、スキンシップが子供の心身の成長を促します。

両親に抱き上げられる経験が少ない子供は、手のかかることや心の成長が違った方へいってしまうことがあります。

日本経済新聞をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

スキンシップが少なかった子供は、他人との接触を嫌がる傾向があり、幼少期にスキンシップを蓄積させることで効果は一生続くといわれているため、できるだけ応えることが望ましいです。

1人1人に合った赤ちゃんをだっこ情報は初心者にも分かりやすいです。

また、泣いているのを放っておくのは虐待になります。


たくさん甘えさせる方が子供自身の心を満たすことにも繋がります。

心が満たされれば自然と自立を促すこともでき、たくさんスキンシップをした子供の方が自立が早いことも研究によって分かっています。

抱き癖がついてしまうと悩む方がいますが、これは女性の社会進出に伴う育児の人手不足を補うための大人の都合だといわれています。



赤ちゃんの成長のためにも、だっこや見つめ合うなどのスキンシップを積極的に行なうことをおすすめします。